肌は、上述から「スキン」「真皮」「皮下編成」という3範疇構造になってあり、上述から次にいらっしゃる真皮は、肌を内側から助ける土台に至る部分です。ここには、丈夫で分厚い「コラーゲン線維」が網目状に張り巡らされていらっしゃる。「コラーゲン線維」が交差する部分は、弾力のある「エラスチン線維」が敢然とつなぎ止めるため、スキンを部下から支え上げ、肌のハリやはりを維持していらっしゃる。

そして、コラーゲンとエラスチンの残りを埋め尽くすヒアルロン酸は、肌のうるおいを保つ役割を担っていらっしゃる。こういう3つの成分は、真皮に存在する「線維芽細胞」によって生み出されますが、線維芽細胞の勢いが衰えると、コラーゲンなどが変性したり、減少したりして、ハリやはりのマイナスへとつながります。

このため、これらの線維の量が減ったり、変性したりすると、ハリやはりが低下し、重力によって皮膚が垂れ下がり、たるみが生じてしまうのです。

老化以外にUVや乾燥などの感化もハリマイナスの引き金に

コラーゲンやエラスチンの品質をマイナスさせたり、減少させたりする引き金には、次のものがあります。

老化

コラーゲンやエラスチンは、真皮にいる「線維芽細胞」によって生み出されますが、年齢を重ねると、線維芽細胞の通算や効力が衰えてしまいます。duoクレンジングバームの最安値サイト