先ず、毛穴の周りの皮膚が分厚くなり、ふさがった毛穴に皮脂や角質がつまった顔ぽう(コメド)ができます。そして毛穴が閉じた白っぽいニキビを「白ニキビ」、皮脂が押し上げられて毛穴が変わり風情に触れた部分が黒く酸化した現状を「黒ニキビ」と言います。

顔ぽう内輪はアクネ黴菌の完熟基準がそろっているので、過剰に増殖し、消毒のために好ミドル球(白血球)が集まってきて炎症を起こします。炎症によって赤くはれた「赤ニキビ」、炎症が進んで好ミドル球の死骸です膿(うみ)がたまった状態になる「イエローニキビ」、炎症が長引いて皮膚の深部に膿がたまった紙袋がとれる「紫ニキビ」があります。

10代のニキビは皮脂のオーバーにより、ひたいや鼻周りに行える一過性のものが多いのに対し、20代以降の成人ニキビは困難効用の減少による乾燥、誤ったスキンケアやメイク、ホルモン配分の乱れなど複数の根源が絡み合ってできます。成人ニキビは頬やあご周りに望めることが多いのが得手です。
ニキビ跡を残さないために重要な原則診査

菌感染を起こして膿ができた現状を放置しておくと、ニキビ跡が残ることがあります。抗菌剤の外用や内服、ビタミン剤などを使った診査が責任です。

肌のターンオーバーが正常に行われていれば、シミによるニキビ跡を防ぐことができます。そこで、肌の困難効用を含めた肌自体の使途を正常に戻すことが大切なのです。

毛穴につまった皮脂の放出を促すために、ふさわしいシャンプーを行うことが診査の基本となります。DUOクレンジングは毛穴効果抜群です