コラーゲンを傷つけたり、エラスチンを変性させる酵素の分泌を促したりする。

乾燥

スキンの一番上には、外的攻撃が肌内輪に参加始めるのを防ぐ邪魔として機能する「角質層」があります。肌が乾燥すると、こういう角質層の邪魔用途が低下する結果、UVの心痛を深く受けるようになります。

活性酸素

体内に発生する「活性酸素」は、コラーゲンやエラスチンを変性させる酵素の分泌を促したり、線維芽細胞を弱らせて、コラーゲンやエラスチンのプロダクト力をマイナスさせたりする。

女性のホルモンのダウン

女性ホルモンの「エストロゲン」には、コラーゲンやエラスチンの制作を促す作用がある結果、老化とともにその分泌量が鎮まると、肌のハリも低下します。また、無理なダイエットや睡眠欠如なども、エストロゲンを減少させます。

生活習慣の狂乱

偏った食生活による栄養失調、睡眠欠如などが貫くと、肌が入れ替わる巡回を維持できず、ハリのマイナスを招きます。

タバコ

タバコをすると、活性酸素が大量に発生するだけでなく、コラーゲンの化合に欠かせないビタミンCが崩壊されてしまう。

何より目のあたり・口元はケア

皮膚がないうえに、顔つきによって動きやすい目のあたり・口元は、面構えの取り分け、別にハリやはりが低下し易いエリアです。肌のハリやはりが低下するとたるみが生じますが、その前兆として、ちっちゃなシワができます。目のあたり・口元にちっちゃなシワができてきたら、注意しましょう。

毎日やれるケアとしては、メイクを落とす時にこすりすぎない要所、そしてまぶたの周りのスキンケアは塗るより手厚く乗せる感じで行うこと、口元も深くこすりすぎないことが大切です。

洗顔後はパタパタと手厚くパッティングし、化粧水やクリームをたっぷりと浸透させましょう。目のあたり・口元専用の美容液も何かとありますので、専用の美容液を日ごろのスキンケアにとり入れるのも推奨です。vitakt-cosme.com/